サッカーに関するジュニア・シャツのサイズに目を向けて面白発見!

スポーツは老若男女問わず盛り上がる趣味・娯楽として世間を賑わせます。 そんなスポーツをする上で、競技に必要な道具と並びに身につけるシャツやズボンも揃えないといけません。 競技に応じて使用する道具の大きさが異なり、体格によって身につける物のサイズも異なってきます。 「サイズ」は世間で使われている物において基準として提示されています。 サイズといっても色々な物がありますよね。 今回はジュニアサッカーシャツのサイズに関する3つの言葉について紹介します。

ジュニアのイメージ

みなさんが思うジュニアとは何でしょうか? やはり思い浮かぶのは、子どもや年少者といったところでしょう。 ジュニア=子ども。今の世の中ではそれが主流かもしれません。 衣服店やスポーツ店行くと、「ジュニアサイズ」という言葉を見かけると思います。 しかしジュニアといってもどこまでがジュニアなのか、年齢で判断するものなのか、あるいは見た目的な「サイズ」でなのか、疑問に思う点です。

ジュニアという言葉にルールはなかった!?

疑問に思い、調べたところ年齢やサイズは全く関係ないということがわかりました。 単にジュニアは子どもという概念なのです!たとえば、アメリカなどでは父と子が同名の時に「ロバート=アレックス=ジュニア」と子どもの名前を書きます。 つまり、その子が大人になってもジュニアと呼ばれるのです。 ジュニアとは年齢やサイズで決まりはなく、一般的に子ども・お子さんを指す言葉として使われます。

発見!サッカーボールにはたくさん種類があった!

スポーツの中でも特に人気のあるサッカー。 サッカーボールにも実はサイズがあるのです。 1号~5号球まで種類があり、用途や使う人によってさまざま。 1号、2号球は主にサインボールやリフティング用として使用され 製品によってバラつきがあり、重さが記されていないのが主です。 3号球は小学生低学年以下の子ども用。 4号球は12歳までの小学生高学年用に作られています。 いわゆる、3、4号球がジュニアサイズとなります。 5号球は中学生もプロも使っている、国際規定のボールでプロサッカーリーグや国際試合にも使われます。サッカーボールにも、こういった決まったサイズや規定があるのです。

自分に合ったシャツを着てパフォーマンスUP!

練習着やユニフォームとして欠かせないのがシャツ。 いろいろな店舗で売られていますが、自身の標準サイズと思って購入した物の大きさが合わなかったという経験はありませんか?

メーカーによっても異なることも少なくありません。 アメリカ表記のサイズは、実は日本の表記しているサイズよりも一回り大きいです。 失敗しないで購入する一番の対策としては、自身の身丈、身幅、肩幅、袖丈の長さを測って知ることです。 自身のサイズと商品の表記サイズを照合すれば、満足のいく商品が購入できます。 身の丈にぴったりのシャツを着ることで競技に対するパフォーマンスも変わるかもしれませんよ。

まとめ

「サイズ」といっても世の中には色んなサイズがあり 規定されているものや、言葉や概念だけで図りきれないものばかりです。 普段目には留めていなかったスポーツ用品や道具の種類に関心を持ってもいると面白い発見ができるかもしれません。