夏は快適なシャツでジュニアサッカー少年団を盛り上げよう!

世界でも人気の高いサッカーは、ジュニア世代にも非常に人気あるスポーツです。 ジュニアサッカーにも大きく分けて3パターンあります。有名チームの下部組織のジュニ アユースチーム・クラブチーム・サッカー少年団チームです。 その中でも、サッカー少年団チームは全国でも数多く存在しています。

サッカー少年団チームって何?

Hiroyuki Taiさん(@hiroyukitai)がシェアした投稿

サッカー少年団チームとは、日本体育協会に”スポーツ少年団”という制度があり、そこに 登録した団体の事を指します。簡単に言えば、学校のクラブ活動で運営していることが主 流です。 誰でも、気楽に、入りやすいです。父母会を立ち上げて、ボランティアで運営しているチ ームがほとんどです。 クラブチームやジュニアユースチームに比べると、親の負担は、大きくなるというのも事実です。 しかし、周りの親御さんたちとも、コミュニケーションが取れるので、協力しながら、楽 しくやっていけるため、明るく楽しい中でサッカーが出来る環境であります。

夏場の練習の大敵!

サッカーの練習や試合は基本、外での練習になります。そこで気を付けたいのが熱中症。 いくら水分補給をしていても、夏の太陽は侮れないです。 水分補給もスポーツドリンクで取り、練習着なども熱がこもらないように通気性の良い物 を着ることが望ましいです。身の回りのものをきちんと揃えておく事で十分に対策は取れ ます。 ジュニアサッカー人口も増えている分、お子様方の事故や怪我へのリスクも軽減する為に 事前に知識と物を準備すれば、スムーズにチーム運営もできると思います。

暑さに負けない快適な練習着・ユニフォームシャツを着よう!

夏休みなどの長期休暇に夏に合宿するチームも多いです。合宿中は熱中症も心配ですが、 日差しによる日焼けも気をつけなければいけません。チームシャツや練習着で練習に励む チームが多いと思います。その中で、暑いから半袖ではなく、今では長袖でも熱のこもら ない通気性のある質のシャツもあるのです。身につけている物から、競技のパフォーマンスにも影響します。軽くて質に良いシャツに揃えて他チームと差をつけるのもチームの強みになるかもしれませんね。

まとめ

ジュニアサッカー少年団は、親御さん・ボランティアといった、みんなの協力で運営し、 成り立っています。負担は大きいものの、子どもの成長を近くで見て支えられる環境であ ります。一生懸命ボールを蹴っている子どもの輝く姿を安心して、見届けるためにも対策 ・準備はきちんと行なって、ジュニアサッカーを盛り上げていきましょう。